県外からの観光客で常に行列の出来る人気餃子専門店『宇都宮みんみん』。

もう1つの餃子専門店「正嗣(まさし)」と人気を2分する宇都宮を代表とする有名な老舗餃子専門店です。

 

『宇都宮みんみん』は栃木県内で30店舗と宇都宮の餃子専門店のなかでは大規模に展開しています。

店舗を広げているだけあって、知名度も高く、全国的にも最も有名な餃子専門店になりました。

 

現在、『宇都宮みんみん』は宇都宮駅周辺だけでも3店舗あります。

・宇都宮みんみん 駅東口店
・宇都宮みんみん ホテル アール・メッツ店
・宇都宮みんみん ステーションバル

 

今回は宇都宮駅からバスで5分(徒歩だと約15分)ほどのところにある『宇都宮みんみん 本店』をご紹介します。

 

宇都宮で最も有名な老舗の餃子専門店『宇都宮みんみん 本店』

宇都宮みんみん 本店

 

『宇都宮みんみん 本店』は創業者が北京で覚えた餃子を日本人好みに工夫し、昭和33年に創業した老舗店です。

店舗数を増やだけでなく、お土産を展開したり、各地のイベント出店などで認知度を上げてきました。

 

訪れた日は平日の15時頃でしたので、並ばずにお店に入ることができました。

こちらの画像はお店を出た時の様子ですが少し並んでいるくらいです。

 

土日祝日はかなりの行列で1時間以上待つこともあります。

行列はお店の前だけなく、道路を挟んだ正面の駐車場まで続きます。

 

お店の雰囲気はご覧のように、少しゆるい感じの宇都宮のローカルな雰囲気です。

『宇都宮みんみん 本店』の店内

 

 

『宇都宮みんみん 本店』のメニュー

『宇都宮みんみん 本店』のメニュー

 

「正嗣」では焼餃子と水餃子のみのメニューでしたが、「宇都宮みんみん」では、焼餃子と水餃子の他に揚餃子も食べることができます。

※揚餃子が無い店舗もあります。

 

また、ライスや漬物を組み合わせたり、ビールも飲めますので、サクッと短時間で食べる正嗣に比べると、少しだけ長居することができます。

 

しかし、店の前の行列を見てしまうと、長居するのも申し訳ない気がします。

 

『宇都宮みんみん 本店』のメニュー

●単品

・焼餃子(1人前 6個) 230円(税抜き)

・水餃子(1人前 6個) 230円(税抜き)

・揚餃子(1人前 6個) 230円(税抜き)

・ライス(一口お漬け物付) 100円(税抜き)

・ライス大盛(一口お漬け物付) 200円(税抜き)

・お漬け物 100円(税抜き)

・地ビール餃子浪漫 小瓶(330ml) 450円(税抜き)

・サッポロビール 中瓶(500ml) 450円(税抜き)

 

『宇都宮みんみん 本店』の焼餃子と水餃子を注文

『宇都宮みんみん 本店』の焼餃子と水餃子

 

焼餃子+水餃子+ライスがおすすめの組み合わせということで注文してみました。

・焼餃子(1人前 6個) 230円(税抜き)

・水餃子(1人前 6個) 230円(税抜き)

・ライス(一口お漬け物付) 100円(税抜き)

合計 604円(税込み)

 

宇都宮みんみんの餃子はほんの少しのにんにくとたっぷりの白菜を使った野菜主体のあっさりしたとてもシンプルな味です。

『宇都宮みんみん 本店』の焼餃子

 

県外から食べに来られた方の意見を聞くと、期待していたよりも・・・というような意見もあったりします。

行列に並んで待ってまで食べるわけですから、期待値が上がると思いますので、思ったよりパンチが少ないと感じるのかもしれません。

みんみんの餃子はあっさり目のシンプルな味ですので感想は分かれるところかと思います。

 

地元の方の意見では、シンプルだからこそ、何度食べても飽きない。

「値段もリーズナブルだから気軽に食べられる」、「ビールのつまみにちょうどいい」、「お店の緩さが栃木県民には合う」などの意見を耳にします。

 

観光客に人気のイメージでしたが、長く利用できるお店として地元の方からの評判の高さに驚きつつ、納得しました。

私もたまに食べたくなることがあり、何度も足を運んでしまいます。

 

また、タレで食べる餃子は調味料を足して自分好みにカスタムできるところが、楽しめるところもポイントです。

 

水餃子は6個入りです。

『宇都宮みんみん 本店』の水餃子

 

最初の3個は小皿のタレに付けて食べて、残りの3個は宇都宮流で食べました。

 

醤油と酢は少しですと薄いので、多めに入れます。

 

『宇都宮みんみん 本店』の口コミ

『宇都宮みんみん 本店』の口コミを見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

満足感の伝わる口コミが多く、有名になる理由が分かります。

 

『宇都宮みんみん 本店』の餃子のお土産・お持ち帰り

『宇都宮みんみん 本店』の餃子お持ち帰りの案内

 

宇都宮みんみんでは餃子のお持ち帰りもできます。

1時間以内であれば、焼き上げた餃子を持ち帰ることが出来ますが、それ以上となるとドライアイスが必要となります。

●お持ち帰り時間の目安

・1時間まで:そのままお持ち帰り

・1~3時間まで:ドライアイス付き(100円)

・3~6時間まで:ドライアイス付保冷(300円)

・6時間以上:要相談

 

『宇都宮みんみん 本店』の餃子のお取り寄せ(通販)

『宇都宮みんみん 本店』の餃子のお取り寄せのメニュー

 

『宇都宮みんみん 本店』お取り寄せ通販もやっております。

 

●餃子代金(1人前6コで、220円です。)

5人前 1,100円
10人前 2,200円
15人前 3,300円
20人前 4,400円
30人前 6,600円
40人前 8,800円

 

●発送料金(全国共通)

2~40人前 850円(税抜)
41~80人前 500円(税抜)
81人前以上 無料

 

『宇都宮みんみん 本店』の場所とアクセス

餃子通り

 

『宇都宮みんみん 本店』の場所は宇都宮の餃子通り沿いにあります。

宇都宮駅から来る方はバスの利用が便利です。

宇都宮駅の西口からバスで約5分で、関東自動車バスの「宮島町十文字」または「馬場町二荒山神社前」のバス停で下車してから徒歩3分です。

 

●「宮島町十文字」バス停からのルート

「宮島町十文字」バス停から『宇都宮みんみん 本店』までのルート

 

●「馬場町二荒山神社前」バス停からのルート

「馬場町二荒山神社前」バス停から『宇都宮みんみん 本店』までのルート

 

車の方は契約駐車場の宮パーキング(店舗正面)または岡川駐車場(徒歩3分)の利用がおすすめです。

宮パーキング

 

『宇都宮みんみん 本店』で食事すると宮パーキング(店舗正面)が1時間無料、岡川駐車場(徒歩3分)が1時間30分無料です。

おみやげの方は宮パーキングが20分無料です。

宮パーキング

宮パーキング

 

餃子通りには全部で5店舗の餃子専門店が並んでいます。

各店の特徴をまとめていますので比較してみたい方はこちらをご覧ください。

 

『宇都宮みんみん 本店』 まとめ

 

『宇都宮みんみん 本店』はこんな方におすすめ

・宇都宮で有名な餃子専門店に行ってみたい

・焼餃子・水餃子・揚餃子の3種類を食べ比べたい

・みんみんに行くなら本店にこだわりたい

 

本店で食べることにこだわる方も多いと思いますが、味についての違いは、正直私には分かりませんでした。

『宇都宮みんみん』はこれまで色々な店舗で食べてきましたが、餃子の味は同じに感じます。

 

メニューについては店舗によって若干異なります。

焼餃子と水餃子はどの店舗でもありますが、揚餃子は扱っていない店舗もありますので、他店舗へ行く際はご注意ください。

 

違いはメニューとお店の雰囲気くらいでしょうか。

特に本店にこだわりがなければ、駅周辺にも数店舗ありますので、行列の少ないところで食べるとよいでしょう。

電車で来られた方は、駅に隣接した「ホテル アール・メッツ店」、「ステーションバル」の2店舗は宇都宮みんみんの店舗では比較的空いていますので、それほど待たずに入ることができます。

 

 

『宇都宮みんみん 本店』 詳細データ

店名 宇都宮みんみん 本店
営業時間 11:30~20:00 ※混雑状況に応じて早めの終了する場合も有り
定休日 火曜日
月に2回水曜日(HP要確認)
住所 〒320-0026 宇都宮市馬場通り4-2-3
地図
アクセス 宇都宮駅西口からバスで5分、
関東自動車バス「宮島町十文字」または「馬場町二荒山神社前」下車、
市内循環線(きぶな)「うつのみや二荒山神社下」下車、
JRバス「馬場町」、東野バス「二荒山前」下車、
宇都宮駅西口から徒歩14分、
東武宇都宮駅より徒歩12分
駐車場 契約駐車場(宮パーキング)
お食事の方は宮パーキング(店舗正面)が1時間無料、岡川駐車場(徒歩3分)が1時間30分無料。
おみやげの方は宮パーキングが20分無料。
喫煙可否 禁煙
TEL 028-622-5789
HP 宇都宮みんみん
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう