宇都宮の飲み屋街「泉町」近くに大きな赤い看板がひと際目立つ老舗餃子専門店『香蘭』

昭和34年に創業し48年間続く、伝統の餃子が味わえます。

奥行きのある店内はカウンター席とテーブル席に分かれています。

 

香蘭のメニュー

香蘭のメニューはシンプルです。

・焼き餃子(1人前6個) 250円

・揚げ餃子(1人前6個) 250円

・水餃子(1人前6個) 250円

・ライス 100円

・瓶ビール 500円

・ウーロン茶 200円

 

お持ち帰り(2人前から)

・生餃子(1人前6個) 250円

・冷凍生餃子(1人前6個) 250円

・特製ラー油 100円

・焼き油 50円

・保冷袋 100円

・保冷剤の追加(2個) 50円

 

お持ち帰り餃子の調理方法

●焼き餃子

やや多めのごま油で焼くのがポイントです。

水を入れたらすぐにフタをして、中火でじっくり焼きます。

仕上げに強火で焼き色をつけるのがコツです。

 

●冷凍餃子の調理方法

お持ち帰りで冷凍餃子を自宅で調理する場合は、熱湯で5分茹でるだけです。

茹で汁を味付けして食べるのが宇都宮流です。

スープは中華だし以外も、お好みのアレンジでも充分おいしくいただけます。

 

アクセント抜群な香ばしい自家製ラー油

数多くある宇都宮の餃子専門店ですが、餃子以外にお店独自のテイストを感じるのがラー油。

香蘭の自家製ラー油はとても香ばしく、アクセントになります。

 

3種類(焼き餃子・揚げ餃子・水餃子)を食べ比べ

今回、3種類(焼き餃子・揚げ餃子・水餃子)注文して、食べ比べてみました。

まずは王道の焼き餃子から。

香蘭の自家製ラー油がいい感じです。

中のお野菜もシャキシャキ。

次に揚げ餃子。

香蘭の揚げ餃子は塩を付けて食べます。

外はカリっとしていますが、中はモチっとした食感が楽しめます。

特徴的な食感がたまらなく、個人的には今のところ宇都宮の揚げ餃子ではここが一番かもしれません。

 

香蘭の水餃子のスープは中華だしになっていますので、調味料をかける前に、一口目はそのまま食べてみてください。

ほんのり中華だしが染みた水餃子を堪能できます。

水餃子のスープに醤油と酢、そして自家製ラー油を混ぜて食べてみました。

宇都宮の水餃子はどれもそんなに変わらない印象でしたが、香蘭の自家製ラー油を付けて食べると別感覚の味に。

 

『香蘭』詳細データ

店名 餃子専門店 香蘭
営業時間 11:30~20:00(L.O.20:00)
定休日 火曜日(年末年始休み有り)
住所 〒321-0033 栃木県宇都宮市本町1-24
地図
アクセス 宇都宮駅西口からバスで5分、県庁前下車徒歩4分
宇都宮駅西口から徒歩20分、
東武宇都宮駅より徒歩7分
駐車場 無し(隣にコインパーキング有り)
TEL 028-622-4024
喫煙可否 禁煙
HP 香蘭
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう